メルセデスベンツS500のエンジン故障で買い替えを決意!

以前から憧れていたメルセデスベンツS500を買おうと思い中古車情報誌を見て、世田谷の中古車屋に手頃な車を見つけて、電話して在庫の確認をして店に行き現物を確認し、試乗してローンで購入を決定しました!

社外製のパーツなんかも幾つか付けて良い感じに仕上げて乗っていましたが、店の保証が3ヶ月付いていたのですが、それを超えた直後にコンピュータの故障が発生し、まぁ外車だから国産車に比べれば多少の故障は仕方ないかと修理に出しました。

再度トラブル発生

無事に直って気分爽快で乗っていた訳ですが、ほどなくして今度は電装系のトラブルが発生です!購入時に10万程掛けて取り付けたドアステプのイルミネーションが4カ所とも付かなくなってしまいました・・・

またまた修理にだした訳です。まぁこれは点灯しなくても走るのには支障がありませんので、応急処置で済ませました。そしてそれから2ヶ月後位に更なる悲劇が!停車中にギアをパーキングに入れて、走り出そうとした時にギアが全く動かなくなり立ち往生・・・

しかた無くレッカーを読んで、修理工場へ。シフトチェンジする時にブレーキを踏むと中でピンが外れてレバーが動く仕組みになっている様なのですが、そのピンが折れているらしく、レバーからその下のボックスごと全部交換になりました。まさかエンジンがやられているとは思いもしませんでした。そしてエンジンの載せ替え費用は87万円と激高でした。

自動車のエンジンを載せ替える工賃・費用

買い替えを決意

購入からそこまでの道中に支障はないものの細かい故障がたたあって、年式が古いのはこうなるのかと思い買い完全にアウトになる前に替えを決意しました!そして購入した車やに相談しに再び世田谷へ!ローンもそこまで長期では無かったのですが、まだ残っていた為に査定額と相殺して30万位になりました。

次は、高年式の車を大前提で探して貰った訳ですが、後日3年落ちのCL500が出ましたと車屋から電話があり諸経費込みで800万位と高かったのですが、早速現物確認へ!着いた瞬間一目惚れでした!そこまで古く無いので、ボディもピカピカの黒光り、フルエアロも組んであって、ホイールもマフラーも、内装も新車かと思う程に綺麗な車でした。

試乗して決断

とりあえず試乗をして、即決!やはり高年式だからか、最初の2年位はこれと言った故障はありませんでした。そして現在も気に入って乗っています。年式が古いイコール故障するって訳でも無いと思いますが、旧車とまでは行かないにしても、古い車は金が掛かりますね!S500も格好良かったのですが・・・

かと言って今のCL500は金が掛からないと言えばそんな事はありません!いずれにしても高級車は、やっぱり金持ちが乗る車なんだと痛感している今日この頃です。